AWS Route53を別アカウントに移管する方法

aws_support_center
Pocket

AWSでEC2インスタンスを別アカウントに移行する方法 」の続きで、既存アカウントで使っていた各サービスを別アカウントに移行しています。今回は、Route53の移管方法を紹介します。

移管元アカウントを残す場合は、Route53をそのまま使うことができます。しかし、削除する場合は、移管先で新しく作る必要があります。そのため、移管元アカウントの削除予定がある場合は、Route53を移管しましょう。

スポンサーリンク

Route53のドメインを別アカウントに移管

ドメインを別アカウントに移管するには、AWSサポートセンターへ連絡し、ドメインを移管してもらいます。そのため、AWSサポートセンターへの連絡方法を紹介します。

まず、移管元アカウントでAWSサポートセンターにログインします。リンクからログインした後、以下の項目を入力し、「送信」をクリックします。

内容
デフォルト値の「アカウントおよび請求サポート」をそのまま使用します。
サービス
デフォルト値の「請求に関して」をそのまま使用します。
カテゴリ
デフォルト値の「ドメイン名登録の問題」をそのまま使用します。
件名
「別アカウントへドメイン移管」を指定します。
説明
移管するドメイン
そのドメインが現在登録されている AWS アカウントのアカウント ID
ドメイン登録の移管先となる AWS アカウントのアカウント ID

連絡方法
「Web」または「電話」を指定します。

aws_support_center

私は「Web」の連絡方法を指定したところ、数日後に、AWSから返信がきました。連絡した内容に問題なければ、移管先へドメインを移管してくれます。

ホストゾーンを移管

続いて、移管元アカウントからホストゾーンを移管します。しかし、ホストゾーンを移管することはできませんので、以下の手順でホストゾーンの移管に相当する作業を行います。

  1. 移管先アカウントでホストゾーンを作成
  2. ホストゾーンにリソースレコードセットを作成
  3. ドメインのネームサーバを更新
  4. 移管元アカウントでホストゾーンを削除

移管先アカウントでホストゾーンを作成

移管元アカウントで作成していたホストゾーンと同様の設定で、移管先アカウントにホストゾーンを作成します。Route53のサービスを開き、「Hosted Zones」→「Create Hosted Zone」でホストゾーンを作成します。

aws_route53_create_hosted_zone

ホストゾーンにリソースレコードセットを作成

続いて、作成したホストゾーンをクリックし、「Create Record Set」でリソースレコードセットを作成します。

aws_route53_create_record_set

ドメインのネームサーバを更新

移管してきたドメインには、移管元ホストレコードのネームサーバが登録されたままです。そのため、ドメインのネームサーバを新規作成したホストゾーンのネームサーバに更新します。「Registered domains」を開き、移管したドメインをクリックします。

aws_route53_registered_domains

続いて、「Name servers」内の「Add or edit name servers」をクリックします。編集画面が表示されますので、先ほど作成したホストレコードのネームサーバに修正し、「Update」をクリックします。

aws_route53_update_name_servers

ネームサーバの更新ができましたら、ドメインにアクセスできるか確認しましょう。問題なくアクセスができれば、ホストゾーンの移管作業は完了です。

移管元アカウントでホストゾーンを削除

最後に、移管元アカウントのホストゾーンを削除しましょう。ホストゾーンは存在すると料金が発生するため、使わなくなったホストゾーンは削除が必要です。

「Hosted Zones」→「移管させたホストゾーンのラジオボタンにチェックを入れる」→「Delete Hosted Zone」でホストゾーンを削除します。

aws_route53_delete_hosted_zone

スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする