AWSでEC2インスタンスを別アカウントに移行する方法

change_image_permission
Pocket

AWSに登録してから1年が経ちました。現在、使っている主なサービスは、EC2(t2.micro)、EBS、Route53、S3です。ドメイン取得で使っているRoute53以外は、AWSの無料利用枠に適用されるサービスしか使っていません。

AWSの無料利用枠は他にも色々なサービスが使えるため、正直、まだ無料利用枠でAWSを使いたいと思いました。そこで、再度無料利用枠の恩恵を受けるため、新しくAWSアカウントを登録し、各サービスを移行することにしました。

本記事では、EC2インスタンスの移行方法を紹介します。AMIを作成、共有することにより、移行することができますので、移行方法は難しくないです。それでは、EC2インスタンスを移行してみましょう。

スポンサーリンク

新規アカウントのIDを確認

EC2インスタンスの移行を行う前に、新規アカウントを作成し、IDを確認しておきましょう。AMIを共有する際に、新規アカウントのIDが必要になります。

新規アカウントへログインし、「アカウント名」→「アカウント」の順にクリックします。

account

アカウント設定内の「アカウントID」をメモします。これで、準備は完了です。

account_config

EC2インスタンス移行方法

それでは、EC2インスタンスを移行していきます。AMI(AWSマシンイメージ)を共有することで、EC2インスタンスの移行ができます。以下の順番で作業を行っていきます。

  1. 既存アカウントでAMIを作成
  2. 新規アカウントにAMIを共有
  3. 新規アカウントでAMIからインスタンスを作成

既存アカウントでAMIを作成

まず、既存アカウントでAMIを作成しますので、既存アカウントでログインした後、EC2サービスを開きます。その後、移行したいEC2インスタンスを選択し、「アクション」→「イメージ」→「イメージの作成」の順にクリックします。

ec2_instance

イメージ名やイメージの説明を適宜入力し、「再起動しない」にチェックを入れ、「イメージの作成」をクリックします。イメージ内のAMIへ移動し、AMIが作成されていることを確認しましょう。

create_image

新規アカウントにAMIを共有

続いて、作成したAMIを共有するため、AMIのパーミッションを変更します。作成したAMIを選択し、「アクション」→「イメージパーミッションの変更」をクリックします。

ec2_ami

AWSアカウント番号に新規アカウントのIDを入力し、「アクセス許可許可の追加」をクリックします。その後、「保存」をクリックしましょう。

change_image_permission

なお、「パーミッションを作成するときは~」のチェックは、スナップショットのボリューム作成権限を共有しますが、AMIを共有するだけで、スナップショットへのアクセスが共有されるため、チェックなしで問題ないです。

新規アカウントでAMIからインスタンスを作成

AMIの共有が完了しましたので、新規アカウントでログインし、AMIを開きます。AMIは「自己所有」では表示されないため、「自己所有」をクリックし、「プライベートイメージ」に変更します。

ec2_ami_image_selection

AMIが表示されましたら、「作成」をクリックし、インスタンスを作成しましょう。これで、EC2インスタンスの移行は完了です。後は、EIPを設定するなど、既存インスタンス通りに設定をしていきましょう。

ec2_ami_creation

既存アカウントの課金を停止

AWSは使用した分だけ料金が発生する従量課金制です。既存アカウントを削除しない場合、EC2インスタンスの停止などを行わないと、使用料金が発生してしまいます。そこで、ECインスタンスの停止方法、EIPのデタッチ方法を合わせて紹介します。

EC2インスタンスを停止

EC2インスタンスの画面で、停止したいインスタンスを選択し、「アクション」→「インスタンスの状態」→「停止」をクリックします。インスタンスの状態が「stopped」になれば、停止は完了です。

もし、インスタンス自体が不要であれば、「削除」をクリックすれば、インスタンスを削除します。

ec2_instance_state

EIPをデタッチ/削除

EIPをアタッチ(関連付け)しているインスタンスが起動している状態であれば、料金は発生しません。しかし、インスタンスが「停止」している状態や、EIPを使っていない場合、料金が発生します。そのため、使わないEIPは削除しなければいけません。

EIPがまだインスタンスにアタッチしている場合は、Elastic IPから該当のIPを選択し、「アクション」→「アドレスの関連付けの解除」をクリックします。確認画面が表示されますので、間違いなければ、「アドレスの関連付けの解除」をクリックし、EIPをデタッチします。

その後、再度該当のIPを選択し、「アクション」→「アドレスの解放」をクリックし、EIPを削除します。これで、料金が発生しなくなります。

elasticip_detach

スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする