CentOS 7に最新版のNode.jsをインストールしてみよう!

nodejs-logo
Pocket

CentOSにNode.jsをインストールする一般的な方法として、epelリポジトリから「yum」でインストールすることができます。しかし、epelリポジトリを使った場合は、Node.jsは古いバージョンがインストールされてしまいます。

そこで、本記事ではCentOS7に最新版のNode.jsをインストールする方法を紹介します。NodeSourceが提供しているリポジトリからインストールする方法、「n」パッケージからインストールする方法の2つを記載します。

スポンサーリンク

インストール方法の違い

2つのインストール方法を紹介しますが、どちらの方法を使っても問題ありません。要件に合わせてインストール方法を選ぶことをオススメします。

要件方法
すぐにNode.jsを使いたいNodeSourceのリポジトリからインストール
Node.jsのバージョン管理をしたい「n」パッケージからインストール

環境

本記事の作業環境は以下となります。Boxは「centos/7」を使っています。

OS・MWVersion
CentOS7.6
Virtual Box6.0.4
Vagrant2.2.4

NodeSourceのリポジトリからインストール

NodeSource社がNode.js公式のバイナリディストリビューションを配布しています。そのため、epelよりNodeSourceのリポジトリを使ってインストールしましょう。まずはNodeSourceのGithubから最新バージョンを確認します。

最新バージョンが確認できましたら、最新のリポジトリを設定し、yumでNode.jsをインストールしましょう。

$ su -
# curl -sL https://rpm.nodesource.com/setup_11.x | bash -
# yum install nodejs
# node -v
v11.13.0

「n」パッケージからインストール

「n」パッケージとは、Node.jsのバージョンを管理するパッケージです。npmからインストールすることができ、Node.jsのバージョン管理がしやすくなります。

EPELリポジトリからNode.jsをインストール

「n」パッケージはnpmからインストールする必要があり、npmを使うにはNode.jsが必要になります。そのため、まずはNode.jsとnpmをインストールしていきましょう。NodeSourceのリポジトリにはnpmが含まれていないため、EPELリポジトリからインストールしていきます。

$ sudo yum install epel-release
$ sudo yum install nodejs npm

「n」パッケージをインストール

次にnpmを使って、「n」パッケージをインストールします。

$ sudo npm install -g n

Node.jsをインストール

準備ができましたので、Node.jsをインストールします。最新版は「latest」、安定板は「stable」でインストールできます。

$ sudo n latest  #=> node-v11.13.0がインストールされる。
$ node -v
v11.13.0
$ sudo n stable  #=> node-v10.15.3がインストールされる。
$ node -v
v10.15.3

「n」パッケージの使い方

「n」パッケージの使い方はとてもシンプルです。直感的にわかるコマンドで操作ができるため、コマンドが覚えやすいです。

コマンド内容
nインストールしているバージョンの表示やバージョンを切り替える
n lsすべてのバージョンを表示する¦
n --latest最新バージョンを表示する
n --lts安定バージョンを表示する
n latest最新バージョンをインストールする
n stable安定バージョンをインストールする
n [version]指定したバージョンをインストールする
n rm [version]指定したバージョンを削除する
n pruneすべてのバージョンを削除する
スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする