WordPressで独自ドメイン変更後のエラー対処方法

wordpress-directory
Pocket

WordPressでサイトを構築する場合、初期段階でドメインの設定が必要です。

しかし、サイトを運営していると「サイトに合わせたドメインに変更したい」っと思うことはありませんでしょうか。

少し凝り性な私は再度独自ドメインを取得し、WordPressの一般設定からアドレスを変更しました。

...画面を遷移すると、WordPressが正常に表示されなくなりました。

スポンサーリンク

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い

まず、両者の違いを知っておきましょう。両者の違いを知らないと、私みたいにエラーが発生し、PCの前で動揺する未来が待っています。

さて、両者のアドレスの違いは以下となります。

  • WordPressアドレス → WordPressを保存している場所
  • サイトアドレス → サイトを表示するURL

ドメインというのはサイトを表示するURLで使用します。つまり、サイトアドレスに設定すれば問題ないです。

WordPressアドレスに設定してしまうと、サーバーがWordPressを保存している場所がわからなくなってしまい、WordPressが正常に表示できなくなります。

私は「取得したドメインをWordPressアドレスにも設定してしまった」為、エラーが発生しました。

WordPressアドレスを変更

原因がWordPressアドレスを変更したということであれば、再度変更し直せば解決します。しかし、エラーのせいでWordPressの管理画面が開けません。

では、どうすればよいか。

WordPressの管理画面以外からWordPressアドレスを変更するしか方法はないです。

「手順は易しいが、完全には元通りにならない」「手順は難しいが、完全に元通りになる」の二通りがあります。

手順は以下で紹介しますので、対応出来そうだと思う手順を実施しましょう。

wp-config.phpを修正する

本手順はもう1つの手順に比べて易しいですが、完全には元通りに戻りません。

手順を実施後はWordPressアドレスは灰色の表示となり、変更ができなくなります。

しかし、サイトの管理・運営は問題なく行えます。WordPressアドレスの変更予定がなければ、特に問題はありません。

もし、「WordPressアドレスの変更予定がある」「灰色の状態ではなく、元通りに戻したい」ということであれば、本手順は飛ばし、次の手順を実施しましょう。

さて、本手順では「WordPressアドレスをwp-config.phpファイルで定数として再定義する」ということを行います。

手順については、FTPを使用する前提で記載しています。以下の手順を行い、ファイルを修正しましょう。

1. WordPressが保存してある場所から「wp-config.php」をダウンロードする

wordpress-directory

2. テキストエディタで開き、「define(‘WP_SITEURL’,'WordPress のアドレス’); 」を追記する

wp-config

3. 修正した「wp-config.php」を元の場所へアップロードする

上記の手順を行い、WordPressの管理画面が正常に開けるようになれば、作業は完了です。

データベースからsiteurlを修正する

以降の手順からデータベースを操作する手順が含まれます。最悪復旧不可能になる可能性がありますので、事前にバックアップを取得しておくことをオススメします。

本手順はもう1つの手順に比べて難しいですが、完全に元通りに戻ります。

ただ、注意点にも記載しましたが、最悪復旧不可能になる可能性があります。事前にバックアップの取得、および手順を理解した上で実施するようにしましょう。

さて、本手順では「データベースに保存されているWordPressアドレスを修正する」ということを行います。

データベースを操作するためにはphpMyAdminというツールを使用します。phpMyAdminはデータベースの操作をWeb上から行うことができるツールです。

レンタルサーバーをご利用の方はphpMyAdminが使用できる場合があります。ご利用のレンタルサーバーをご確認ください。

VPSまたはクラウドサービスをご利用の方はインストールが必要となります。インストール方法は以下のページを参考にしてください。

必要な情報と修正箇所

では、早速手順に入りたいところですが、まずは必要な情報を整理します。

phpMyAdminでデータベースを使用するには以下の3点が必要です。

  • MySQLのユーザ名
  • MySQLのパスワード
  • WordPressのデータベース名

もし、わからない場合は「wp-config.php」から確認する方法があります。「wp-config.php」については「wp-config.phpを修正する」の手順で紹介しましたので、ご確認ください。

次に、修正する内容を整理します。

今回の事象はWordPressアドレスの修正が必要となりますので、「siteurl」を修正します。

もし、サイトアドレスに違うアドレスを設定してしまった、サイトアドレスの修正が必要という場合は、「home」のレコードを修正する必要があります。

  • 「siteurl」 → WordPressアドレス
  • 「home」 → サイトアドレス

修正手順

1. phpMyAdminにログインする

それでは、手順を紹介します。まずはphpMyAdminにログインします。

MySQLのユーザ名とパスワードを入力し、ログインしましょう。ログインが完了すると、phpMyAdminのトップページが表示されます。

phpMyAdmin

2. データベースを選択する

WordPressを使用している該当のデータベースを選択します。

例えば、wpというデータベースでWordPressを使用している場合は、wpを選択します。

phpMyAdmin-database-list

3. 「wp_options」を選択する

データベースを選択すると、複数のテーブルが表示されます。その中から「wp_options」というテーブルを選択します。

phpMyAdmin-wp_options

4. 「siteurl」の編集を選択する

option_name内にある「siteurl」を探し、編集を選択します。

phpMyAdmin-wp_options-details

5. option_valueを修正する

option_valueに設定したWordPressアドレスが入っています。

正しいWordPressアドレスに修正し、実行を選択します。

phpMyAdmin-wp_options-siteurl-edit

上記の手順を行い、WordPressの管理画面が正常に開けるようになれば、作業は完了です。

まとめ

WordPressが正常に開けなくなった場合の対処法を紹介しました。対処法を知っておけば、いざエラーが発生した際に、慌てずに対処できるかと思います。

しかし、対処法を知っておくことは重要ですが、自分がどういう操作をしているかを理解することが最も重要です。

なぜなら、エラーが発生した原因は私がWordPressアドレスとサイトアドレスの違いを理解していなかったからです。

最後に本記事のまとめです。

  • WordPressアドレス → WordPressを保存している場所
  • サイトアドレス → サイトを表示するURL
  • 「wp-config.php」または「siteurl」の修正が必要
  • どういう操作をしているか理解することが重要
スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする