CentOS7にrbenvでRubyをインストールする方法

Ruby-405
Pocket

Ruby on RailsでWebサービスを作りたいと思いました。

しかし、まずはRubyのインストールが必要です。

ということで、rbenvを使用し、CentOS7にRubyをインストールする方法を紹介します。

スポンサーリンク

目次

  1. 環境
  2. rbenvインストール
  3. Rubyインストール
  4. Ruby設定
  5. まとめ

1. 環境

  • Windows10(ホストOS)
  • CentOS7(ゲストOS)
  • Vagrant 1.9.0
  • Virtualbox 5.1.10

※Vagrantのインストールがまだであれば、WindowsでVagrantを使用して仮想環境を構築しようを参照ください。

2. rbenvインストール

rbenvというのはRubyのバージョンを管理するソフトウェアです。

Rubyのバージョンを複数インストールする際は、rbenvがあると便利ですので、先にrbenvをインストールします。

rbenv Installation通りにrbenvをインストールしていきます。

rbenvはGitからインストールするため、まずはGitをインストールします。

2-1. Gitインストール

Gitのインストール通りにyumでGitをインストールします。

$ sudo yum install git

2-2. rbenvインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

2-3. ruby-buildインストール

rbenvのコマンドを使用するために、ruby-buildをインストールします。

ruby-build Installation通りにruby-buildをインストールしていきます。

$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenvとruby-buildを詳細に知りたい場合は、以下のサイトがオススメです。

3. Rubyインストール

rbenvがインストールできましたので、rbenvからRubyをインストールします。

今回はRuby2.4.0をインストールします。

エラーが表示された場合は、「3-1. トラブルシューティング」を参照ください。

$ rbenv install --list # インストール可能なRubyのバージョンを確認
$ rbenv install 2.4.0

3-1. トラブルシューティング

Rubyインストール時にエラーが発生しましたので、対処法の紹介です。

configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

コンパイラが入っていないことが原因です。

yumからgccをインストールします。

$ sudo yum install gcc

ERROR: Ruby install aborted due to missing extensions

拡張機能が入っていないことが原因です。

以下のエラー内容も出力されているため、エラー内容通りに必要なソフトウェアをインストールします。

Try running `yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel` to fetch missing dependencies.
$ sudo yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel

4. Ruby設定

Rubyをインストールした後は、使用するRubyを設定します。

$ rbenv versions # インストール済みRubyのリスト表示
$ rbenv global 2.4.0
$ ruby -v
ruby 2.4.0p0 (2016-12-24 revision 57164) [x86_64-linux]

5. まとめ

rbenvを使用してRubyをインストールする方法を紹介しました。

Rubyはアップデートを繰り返していますので、rbenvでRubyのバージョンを管理するのが良いと思います。

また、Ruby on RailsなどRubyを使用するソフトウェアに合わせて、Rubyのバージョンを変更したりする場合なども便利です。

スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする