CentOS7にElasticsearchをインストールしてみよう

elasticsearch-logo-405x405
Pocket

Elasticsearchとは全文検索エンジンであるLuceneを使用した、全文検索システムです。

前回紹介しました、Fluendでログ収集をすることにより、ログ解析がしやすくなります。

スポンサーリンク

目次

  1. 環境
  2. Elasticsearchインストール
  3. まとめ

1. 環境

  • Windows10(ホストOS)
  • CentOS7(ゲストOS)
  • Vagrant 1.9.0
  • Virtualbox 5.1.10

2. Elasticsearchインストール

公式サイトのElasticsearchのインストール方法通りに進めていきます。

Step 0: 事前準備(Javaインストール)

Elasticsearchを使用するにはJava 8が必要です。

Oracle公式サイトのインストール方法を参考にJava 8をインストールします。

1.RPMパッケージファイルをダウンロード

OracleのDownloadからJDKのRPMパッケージファイルをダウンロードします。

Javaのバージョンについては最新版をダウンロードするか、Elasticsearchのインストール方法にJava 8の推奨バージョンが記載されていますので参考にしてください。

2.Javaをインストール

ダウンロードしたRPMパッケージファイルからJavaをインストールします。

Vagrant環境であるため、scpなどで事前にファイルを転送します。

$ scp -i .vagrant/machines/default/virtualbox/private_key jdk-8u111-linux-x64.rpm vagrant@192.168.33.12:/home/vagrant
jdk-8u111-linux-x64.rpm                                                              100%  158MB  55.7MB/s   00:02
$ vagrant ssh
Last login: Sat Jan  7 10:29:19 2017 from 10.0.2.2
$ ll
total 162152
-rw-r--r-- 1 vagrant vagrant 166040563 Jan  7 10:29 jdk-8u111-linux-x64.rpm
$ java -version
-bash: java: command not found #Javaがインストールされていないことを確認
$ sudo rpm -ivh jdk-8u111-linux-x64.rpm # Javaインストール
Preparing...                          ################################# [100%]
Updating / installing...
   1:jdk1.8.0_111-2000:1.8.0_111-fcs  ################################# [100%]
Unpacking JAR files...
        tools.jar...
        plugin.jar...
        javaws.jar...
        deploy.jar...
        rt.jar...
        jsse.jar...
        charsets.jar...
        localedata.jar...
$ java -version
java version "1.8.0_111"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)
$ rm -f jdk-8u111-linux-x64.rpm #RPMパッケージファイルを削除
今回はOracle JDKをインストールしましたが、OpenJDKでも問題ないです。

OpenJDKをインストールする場合はyumでインストールします。

Oracle JDKとOpenJDKの違いについては、OpenJDKは使い物になるか?OpenJDKの実際と今後を参照ください。

$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk

Step 1: ElasticsearchのPGP Keyをインポート

今回はRPMでインストールします。

公式サイトのElasticsearchをRPMでインストールする方法通りに進めていきます。

まずElasticsearchの公開鍵をダウンロード・インストールします。

$ sudo rpm --import https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

Step 2: RPMレポジトリを設定

yumでインストールできるようにするため、Elasticsearch用のRPMレポジトリを作成します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo
[elasticsearch-5.x]
name=Elasticsearch repository for 5.x packages
baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/5.x/yum
gpgcheck=1
gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1
autorefresh=1
type=rpm-md

Step 3: Elasticsearchをインストール

RPMレポジトリの設定が完了しましたら、yumでElasticsearchをインストールします。

sudo yum install elasticsearch

Step 4: Elasticsearchを起動

Elasticsearchを起動します。合わせて自動起動を有効にします。

$ sudo systemctl start elasticsearch
$ systemctl status elasticsearch
   elasticsearch.service - Elasticsearch
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/elasticsearch.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Sat 2017-01-07 23:49:35 JST; 4s ago
~~~
$ sudo systemctl enable elasticsearch
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/elasticsearch.service to /usr/lib/systemd/system/elasticsearch.service.
$ systemctl is-enabled elasticsearch
enabled

Step 5: Elasticsearchの動作確認

Elasticsearchにアクセスをして、情報を取得できるか確認します。

デフォルトポートは9200です。

$ curl http://127.0.0.1:9200
{
  "name" : "Ro2UW4R",
  "cluster_name" : "elasticsearch",
  "cluster_uuid" : "iH1G7wJCRPOhZnbWNMzN6g",
  "version" : {
    "number" : "5.1.1",
    "build_hash" : "5395e21",
    "build_date" : "2016-12-06T12:36:15.409Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "6.3.0"
  },
  "tagline" : "You Know, for Search"
}

尚、Elasticsearchの設定ファイルとログファイルは以下のパスになります。

詳細情報についてはElastic公式サイトのRPMのインストール方法の下部に記載があります。

  • 設定ファイル -> /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml
  • ログファイル -> /var/log/elasticsearch/elasticsearch.log

3. まとめ

Elasticsearchのインストールと簡単な動作確認を行いました。

Elasticsearchで検索を行う際、可視化ツールのKibanaを用いられることが多いです。

次回はKibanaのインストールを行ってみます。

スポンサーリンク

feedly、RSSをフォローする